MENU

ホワイトニング歯磨き粉をおすすめしない理由

自宅で手軽にホワイトニングしたいという場合一番手軽に行えるのはやはりホワイトニング用の歯磨き粉を使用する方法です。
しかし一般的なホワイトニング用の歯磨き粉はおすすめできません。
特に歯磨き粉の変わりに使うタイプのものは知らず知らずのうちに歯を痛める場合もあります。
現在使用している方やこれから使おうという方は使う前に危険性を確認してから使用することをおすすめします。

 

ホワイトニング用歯磨き粉の歯を白くする仕組み

ホワイトニング用歯磨き粉は基本的に「炭酸ナトリウム」や「ケイ素」などの研磨剤を使い歯を削ります。
研磨剤で表面を薄く削ることで歯を白くします。
この表面を削る研磨剤は歯を傷つけ、表面のエナメル質も削ってしまうため歯の健康という意味ではおすすめできません。
もちろん研磨剤が入っているほうがステインや歯垢、食べかすなどの汚れは落とすことが出来ます。

 

ホワイトニング用歯磨き粉の危険性

エナメル質を削ってしまう

エナメル質が削れてしまった場合虫歯や歯周病、知覚過敏になる恐れがあります
特に子供の歯の乳歯の場合永久歯と比較すると半分以下のエナメル歯しかありません。
子供の歯を磨く場合は研磨剤の入っていない歯磨き粉がおすすめです。

 

歯茎を傷めてしまう場合も

研磨剤の入っている歯磨き粉は少ない力で磨いていても口の中では刺激となってしまいます。
歯だけでなく歯茎も傷めてしまうため歯以外のトラブルにつながることもあります。

 

歯周病になりやすくなる

研磨剤のはいった歯磨き粉では表面に傷をつけてしまいますがその傷に汚れが入り込んでしまいそれが原因で歯周病となる方が増えています。

 

おすすめの手軽にホワイトニングをする方法は?

研磨剤の入っていない歯磨き粉とホワイトニング効果のある医薬部外品の併用です。
研磨剤なしの歯磨き粉で汚れを落としてその後ホワイトニング効果のあるものを使うことで手軽で効果的にホワイトニングすることが出来ます。
研磨剤使用しないため歯のエナメル質を削ったり傷つけることがなく歯を痛めません。