MENU

歯の汚れのステインとは?

ステインとは歯の着色汚れのことです。
どの様な汚れでもステインとひとまとめされて呼ばれています。
歯が茶色く黄ばんでしまったり黒ずみになってしまった場合歯に付着したステインを除去することで元の白い歯に戻すことが出来ます。

 

なぜ歯にステインが生じるのか?

通常歯は唾液を元にタンパク質の薄い膜に覆われています。
この薄い膜に色素の強い食べ物や飲み物が反応し沈着します。
ほとんどの場合一般的な歯磨きやうがいで色素の沈着した薄い膜は落ちるのですが、歯磨きを怠ったり頻繁に色素の強い食べ物や飲み物を食べると歯磨きなどでは落とすことが出来なくなります。
少しずつ着色されていきこの着色しているものをステインと呼んでいます。

 

ステインは一般的な歯磨きでは落とせない

通常ステインが付着してしまった場合一般的な歯磨きではなかなか落とすことが出来ません。
専用の歯磨き粉を使ったり洗浄力の高いものを使ってステインを落とす必要があります。
また歯科医院などのホワイトニングは歯を漂白する方法となっています。
歯を漂白した場合でもしばらく経つとまた歯が変色するため定期的なケアが必要となります。

 

ステインの原因となる主な食品

  • コーヒー
  • 紅茶
  • お茶
  • 赤ワイン
  • カレー
  • チョコレート
  • タバコ

一般的にステインの原因といわれている代表的な食品は上記の食品です。
もちろんこの食品以外の食品でも歯磨きを怠った場合などはステインが付着します。
頻繁にコーヒーを飲む方やタバコを吸われている方は特に注意が必要となります。
上記の食品はそれぞれ原因となるものが違います。

 

ステインの原因となる物質

  • タンニン

ワインやお茶などに多く含まれるタンニン
タンニンは渋さを感じる物質でポリフェノールの一種です。
非常に多くの食品に含まれておりステインの原因となることでも有名です。

 

  • アントシアニン

ブドウやブルーベリーに含まれる赤紫色の色素のアントシアニン
このアントシアニンもステインの原因となります。
目に良い物質とされ最近では飴やガムなどにも含まれています。

 

  • イソフラボン

大豆などに多く含まれるポリフェノールの一種です。
骨などに非常に高価のある物質で最近非常に注目を集めています。
しかしステインの原因ともなるため注意が必要です。

 

  • カテキン

お茶を中心に多く含まれているカテキン
昔から体に良いとされ様々な食品などに含まれています。
カテキンはその色素の強さからステインの原因ともなるためお茶などを飲んだあとは注意が必要です。