MENU

ちゅらトゥースとホワイトニング歯磨き剤の違い

ホワイトニング効果のあるちゅらトゥースですが一般的なホワイトニング効果のある歯磨き剤とどう違うのでしょうか?
どちらも同じようにホワイトニング効果がありますが成分や白くする効果は大きく違います。
ここではちゅらトゥースとホワイトニング歯磨き剤の違いをまとめてみました。

 

ホワイトニングの方法や効果の違い

ちゅらトゥースホワイトニング

ポリアスギン酸で汚れを浮かせて表面上にある汚れを落とします。
研磨剤など使用していないため歯の表面を傷つけません。
メリットは歯表面を傷めずホワイトニングすることが出来る点です。
デメリットは研磨剤が入っていないため短期間でのホワイトニング効果は期待できない
※研磨剤のほうが短期間で効果が出る場合があります。

 

ホワイトニング歯磨き剤

主に研磨剤を使用して表面を薄く削ることで歯を白くします。
メリットは歯本来の白さをだすことができ不自然な白い歯とはなりません。
デメリットは表面を物理的に削るためあまり良いものではありません。
また強く磨きすぎてしまった場合深い傷をつけてしまうため逆に歯が変色することもあります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは歯のートータルケアも可能

ちゅらトゥースホワイトニングではポリアスギン酸で汚れを落としホワイトニング効果が期待できます。
またポリアスギン酸以外にも様々な成分が配合してあり歯のトータルケアを行うことが出来ます。

りんご酸

着色汚れを防ぐ効果があり汚れを落とした歯を長期間白く保つ効果があります。

 

ビタミンC

柑橘類に多く含まれているビタミンCは歯の汚れを落とす効果と歯茎を健康に保つ効果があります。
歯茎をきれいにすることで歯全体のトータルケアを行うことができます。

 

GTO

虫歯の発生元となるGTaseを阻害する効果があり虫歯リスクを大幅に軽減することができます。
また歯茎の腫れや歯肉炎、口臭なども予防する効果があります。